アトミックスキー板の特徴


アトミック」というメーカーをご存知でしょうか?
スキー用品を代表する、海外でも有名なメーカーです。

アトミックの「オールラウンド」には、NOMADシリーズとMETRONシリーズの2つがあります。
NOMADシリーズでは、全く異なる雪質(パウダー)と、ゲレンデの2つのバーン状況に適応するように作られた優れモノです。
パウダー滑走に必要な装備が強化され、ターンもしやすいと言うのが特徴です。
カービングスキーを楽しむ時でも、ストレスなく快適に滑ることができるので、
かなり人気のシリーズです。

続きを読む
posted by スキー・スノボ at | 板の選び方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カービングスキーをうまく滑るコツ


カービングスキーをうまく滑るコツと言うのは何でしょうか?
まず、初めてスキーをする方は「ハの字」を意識して滑る練習から始めます。
そして、ハの字滑りが上手になってきたら、大きく曲がる練習をしていきましょう。
簡単に言うと、カーブの時に体重を少し移動するだけで簡単に曲がることができます。
また、「ひざ」の使い方にも注意してください。
まっすぐにしたままだと、上手に滑ることができません。
カービングスキー全般に言えることですが、
うまく滑る最大のコツは、「ひざの使い方」なのです。
ですので、屈伸を何度もして、曲げ伸ばしのしやすいひざにしておきましょう。

ひざは柔らかく屈伸できるようになることが、最大のポイントです。
しかし、ひざに痛みがある場合は無理をしないようにしましょう。

続きを読む
posted by スキー・スノボ at | 板の選び方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カービングスキーのショートターンの滑り方


せっかくカービングスキーを楽しむのでしたら、上手に滑りたいですよね。
また、カービングスキーの特性を活かした滑りがしたいものです。
しかし、初めての方には「難しい」と言うのが正直なところ…。
カービングスキーの中で一番人気があるのは「ショートターン」です。
ショートターンをしたくて、カービングスキーを始めた…なんて方もいるのではないでしょうか?

比較的簡単なロングターンに比べて、ショートターンはちょっとしたコツがいります。
上手に滑ろうと、切れの良いショートターンをイメージしている方が多いです。
そのような方に多いのが、エッジを立てて急激にエッジングをしてしまうことです。
こうなると、自分の体だけがスピードに遅れてしまって、上手に滑ることができません。

続きを読む
posted by スキー・スノボ at | 板の選び方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カービングスキー板の選び方


カービングスキーは一般的なスキーと言われる板と同じものを使うことが多いです。
また、板の種類にもいくつかあって、エアカービング・モーグル・ファンカーブ、
通常のカービングなど、さまざまな板がありますので、どれを購入すれば良いのか迷ってしまいますね。

例えば、コブ斜面や小回りを楽しみたい方は、モーグルなどの操作性の高い短い板の方が良いでしょう。
エアーカービングと言うのは、エアーにも普通のカービンにも適した板のことで、若干短めに作られているのが特徴です。

続きを読む
posted by スキー・スノボ at | 板の選び方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カービングスキー板の特徴


今、お店に売られているほとんどが、カービングスキーの板です。
カービングスキーの板の大きな特徴は、「トップとテールの幅が広いこと」
「センター部分が狭いこと」です。

一昔前は、カービングスキーと言うと、2m以上の板のことを指していたのですが、
今は違います。
身長に合わせた選び方もありますが、
「用途」に合わせた選び方が主流となってきているようです。

また、一般的に男性の場合は160cm前後の板、
女性の場合は150cm前後の板…と言うように、板の長さはある程度決まっているようです。

続きを読む
posted by スキー・スノボ at | 板の選び方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カービングスキーの滑り方


カービングスキーにはいくつかの滑り方があります。
今回は、その中でも3つの滑り方をピックアップしてご紹介します。

・コブ斜面
コブ斜面は、スキー初心者・中級者の方の憧れとも言われていますが、
なかなか上手に滑ることができないところです。
初めてコブ斜面に挑戦する場合には、春頃の比較的雪のやわらかい時を狙うと良いでしょう。
滑り方は、上半身を立てて、膝を伸ばしてコブに入ります。
低い態勢のままだと、コブに飛ばされてしまうことがあるので、
高い姿勢で臨みましょう。

続きを読む
posted by スキー・スノボ at | 板の選び方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カービングスキーの選び方


カービングスキーを始める方は、まず用品をそろえる必要がありますよね。
ここでは、カービングスキーで必要な板の選び方についてご紹介したいと思います。

まず、選ぶ時に大切なポイントは、「どんなターンを目的としているのか?」と言う点です。
小回りのターンをたくさんしたいのか、大周りのターンをゆったりと滑りたいのか…
または1つの板でどちらもできるものが良いのか…など。
簡単に言うと、長い板は大周り用、短い板は小回り用と言うことになります。

カービングスキーは、スキーのエッジを雪面に食い込ませるだけで
簡単にターンすることができます。
ですので、初心者の方でも練習すれば比較的簡単に、ターンができるようになるかもしれません。
しかし、ターンがしやすいと言うことは、「直進には向いていない」と言うことです。
直進の練習もする必要があります。

続きを読む
posted by スキー・スノボ at | 板の選び方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カービングスキーの長さ


今回は、カービングスキーの長さについて見てきたいと思います。
カービングスキーをする上で、適切な板の長さは、
自分の身長の±10cm以内と言われています。
例えば身長170cmの場合、板の長さは、160cm〜180cmになると言うことです。

また、板の長さによって、滑り方にも違いが出てきます。
身長170cmの人が160cmの板を使った場合、身長よりも短いので「安定しにくい」という難点があります。
しかし、短いからこそ、操作性が高くなり小回りがききやすいというメリットもあります。

続いて、身長と同じ170cmの板を使った場合はどうでしょか?
全てにおいて、「平均的」と言うのが総合評価でしょう。
短い板と長い板のちょうど中間あたりの、一番無難な板です。

続きを読む
posted by スキー・スノボ at | 板の選び方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ショートスキーの選び方


ショートスキーを初めてする方に、ショートスキーの選び方についてご紹介したいと思います。
まず、初心者の方は通販などのネットで購入するのではなく、「専門店」に行くことをオススメします。
板の形には、「ツインチップ」と「テールカット」の2種類があります。
テールカットの方が丸みを帯びていて、反り返った形をしているのが特徴です。
一昔前は、ショートスキーにこのような形の板はなかったのですが、
最近ではスノボのような動き(飛ぶ・跳ねるなど)を取り入れる方が増えてきたので、
テールカットの板が普及してきたようです。
ショートスキーと言えば、このテールカットの方がメジャーで、
商品の数も豊富なので、デザインや色など、あなた好みのものが見つかるはずです。

続きを読む
posted by スキー・スノボ at | 板の選び方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ショートスキー板の選び方


ショートスキーの板は、大きく分けて2種類あることをご存知でしたか?
2種類と言うのは「ツインチップ」と「テールカット」です。
今回は、ショートスキー板の選び方について見ていきましょう。

ツインチップと言うのは、一般的に多く使われており、デザインも豊富なので人気も高いです。
トップとテールの形状が丸みを帯びていて、反り返った形をしています。
長さも長いものから短いものまであり、「スピード重視」「テクニック重視」など、
自分の目的に合わせて選ぶことができます。
ツインチップは、テールカットと比べて品数も豊富なので、
好きなデザインのものを選ぶことができるでしょう。

続きを読む
posted by スキー・スノボ at | 板の選び方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。