スキーブーツのサイズは人それぞれ


スキーブーツのサイズは、スキーを楽しむ上でとても大切なことです。

サイズ」と、一言で言っても、メーカーによってさまざまです。
例えばメーカーは違うけれど同じサイズのブーツの場合、
幅が狭かったり、甲の高さが合わなかったり…と、バラバラなのです。
ですので、自分の足にぴったりと合うスキーブーツを探し出さなければならないのです。

しかし、そのようなブーツを見つけるのは簡単ではありません。
他人と同じ足のサイズでも、甲の高さや幅の広さは人それぞれですので、
同じブーツを購入する…と言うのは間違っているのです。

スポンサードリンク

しかし、どうしても自分の足に合わない場合もあります。
そんな時に履き心地を調節してくれるのが、「インソール」です。
色んなメーカーからたくさんのインソールが販売されているので、
自分の足にあったインソールを見つけましょう。
「インソールがない時はあまりしっくりこなかったのに、
インソールを入れた瞬間、自分の足にぴったりのブーツになった!」と言うこともよくあります。

また、子供の場合は成長が早いので、どんどんブーツが小さく感じてくるでしょう。
そんな時は、インソールを違うものに変えたり、
ブーツ自体を買い替えることをおすすめします。



posted by スキー・スノボ at | ブーツについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。