スキーブーツバッグのメリット・デメリット


スキーブーツバッグの購入を考えている方に、バッグのメリット・デメリットを
ご紹介したいと思います。

大きなメリットは、「収納しやすい」と言う点です。
ウエアなどが一式入るバッグもありますが、スキーブーツバッグ
ブーツ専用のバッグなので、簡単に収納しやすい作りになっているのです。
バッグを販売しているメーカーはいくつかありますが、
その中でもモンベルやデサントのスキーブーツバッグが人気です。

また、「価格が安い」と言うのもメリットと言えるでしょう。
安いものは2,000円代のものからあるので、価格重視の方にはオススメです。

スポンサードリンク

続いて、デメリットについて見ていきましょう。
大きなデメリットは、「カビ」に注意しなければならないと言うことです。
ウエアなどが入るバッグにも同じことが言えますが、
濡れた状態のまま、バッグを放置しているとそこからどんどんカビが発生してしまいます。
防水性に優れているので、しっかりと乾燥させる必要があるのです。
スキーから帰ってきたら、ブーツを乾いた布でしっかり拭き、
中の布地も乾燥するまで陰干ししておきましょう。
この時にスキーブーツバッグも一緒に陰干ししておくと楽ですね。

ウエアや板はレンタルして、ブーツだけは自分で持って行くと言う方にオススメですよ。



posted by スキー・スノボ at | ブーツについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。