スキーブーツには寿命がある


スキーブーツにも、寿命があることを知っていましたか?
もしも、あなたが使っているスキーブーツが5〜8年を超えているのなら、
そろそろ買い換えた方が良い時期になっていると言えるでしょう。

実は、スキーブーツ自体に寿命があるのではなく、
使われている「プラスチック」に寿命があるのです。
プラスチック自体の寿命は5〜8年と言われているので、
ブーツだけではなく、ビンディングも同じように
長年使い続けると、「いつ割れてもおかしくない」状態になってしまうのです。

スポンサードリンク

また、スキーブーツは保管場所がとても大切になります。
熱や乾燥する場所に弱いので、できるだけ空気に触れないように保管する必要があります。
そのためには、スキーブーツをビニール袋に入れて、
なるべく、温度の変化が激しくないところに置くことがベストです。
スキーから帰ってきた時は、乾いた布でブーツをしっかり拭いて
中の布地が完璧に乾くまで陰干しをしておきましょう。


ブーツとビンディングを同時に買うことが多いと思うので、
ブーツを買い替えるときは、ビンディングも一緒に買い替えてしまいましょう。

もしも、スキーを楽しんでいるときに、ブーツやビンディングが割れてしまったら…と
考えると、とても怖いですよね。
大きな事故にならないためにも、今すぐチェックしましょう!



posted by スキー・スノボ at | ブーツについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。