スキーブーツチューンナップを利用しよう


あなたは、チューンナップと言う言葉を聞いたことがありますか?
チューンナップと言うのは、手仕上げや機械仕上げで、
スキー板やボードの滑走性や操作性などを向上させるために行われるものです。


今回は、スキーブーツチューンナップについて見ていきましょう。
お店に売られている商品が、あなたの足に合っていないことがありますよね。
いくら探しても、自分の足にフィットするものが見つからない…
今履いているブーツに満足できない…と言う方は、
「自分だけのブーツ」を作ってみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク

自分の足に合っていないブーツを使い続けると、
左右のバランスがくずれてしまうことがあります。
そうなると、転倒する原因にもなるので、気をつけなければならないのです。
このように、足の一か所が痛い時には、もともとの性能を損ねないように、
慎重に加工していき、自分の足にあったブーツを作ります。

スキーブーツチューンナップは、直接お店に普段使っているブーツを持ち運んで、
具体的にどの辺が痛いのか?どのように痛くなるのか?を伝えて、加工してもらいます。
しかし、遠くてなかなか行くことができないと言う方は、
素足の型紙とどのような問題点があるのかを具体的に書いた手紙
ブーツと一緒に送れば、調整してくれるところもあるそうです。



posted by スキー・スノボ at | ブーツについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。