スキーブーツケースの特徴


自分専用のスキーブーツを購入したら、「スキーブーツケース」が欲しくなりますよね。
スキーウェアなどと一緒に収納できるタイプのものもありますが、
ブーツ専用のものも販売されていますので、チェックしてみましょう。

主なメーカーは、モンベル・デサント・マウンテンスミスなどで、
どれもかっこ良いデザインで人気です。

しかし、スキーブーツケースには、注意しなければならない点もあります。
それは、きちんとお手入れをしておかないと「カビ」が発生してしまうと言うことです。

スポンサードリンク

防水性に優れたブーツケースですが、ブーツがぬれたままの状態で
ケースに入れたままにしておくと、カビが発生することもあるので、
スキーが終わって帰宅したら、すぐにブーツを拭き、ケースをよく乾かしておくことが大切です。

スキーブーツケースの価格は、安いもので2,000円代、
高いものでも7,000円代となっているので、
比較的リーズナブルな値段と言えるでしょう。

しかし、「スキーブーツケースとウエアを入れたケースの2つを持つのは面倒くさい」
と言う方もいます。
ですので、ブーツケースを購入する方は、ウエアやボードをレンタルして、
ブーツだけは自分の物を持っていく…と言う方にオススメの商品です。



posted by スキー・スノボ at | スノボ・スキー用品の購入やケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。