カービングスキーをうまく滑るコツ


カービングスキーをうまく滑るコツと言うのは何でしょうか?
まず、初めてスキーをする方は「ハの字」を意識して滑る練習から始めます。
そして、ハの字滑りが上手になってきたら、大きく曲がる練習をしていきましょう。
簡単に言うと、カーブの時に体重を少し移動するだけで簡単に曲がることができます。
また、「ひざ」の使い方にも注意してください。
まっすぐにしたままだと、上手に滑ることができません。
カービングスキー全般に言えることですが、
うまく滑る最大のコツは、「ひざの使い方」なのです。
ですので、屈伸を何度もして、曲げ伸ばしのしやすいひざにしておきましょう。

ひざは柔らかく屈伸できるようになることが、最大のポイントです。
しかし、ひざに痛みがある場合は無理をしないようにしましょう。

スポンサードリンク

続いて、重要なポイントは「目線」です。
カービングスキーに慣れていない方は足元に目がいきやすいです。
しかし、それでは転倒してしまう原因にもなってしまうので、
目線は進む方向を見るようにしましょう。
一定の速度を保ちながら、できるだけ長い距離を滑ってみましょう。

ターンなどの難易度の高い滑り方は、初心者には難しいかもしれませんが、
練習すれば、楽しく滑ることができるようになりますよ。

ターンの練習の時も、ハの字を意識して、足の幅を狭くしたり広くしたりすると、
上手に滑ることができますよ!



posted by スキー・スノボ at | 板の選び方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。